野外調理に使えるコンロ|家電レンタルのサービスをフル活用|コストを削減できる方法
女の人

家電レンタルのサービスをフル活用|コストを削減できる方法

野外調理に使えるコンロ

作業員

キャンプ用品以外では

キャンプなど野外で調理をする時には、カセットガスコンロやガソリンあるいはアルコールなどを燃料とする専門のコンロを使うのが一般的です。ところが、たまにしか使わない時には、これらの屋外用のコンロを購入するのはあまり経済的ではありません。こんな時にはプロパンガスのレンタルを利用する方法もあります。これは、ボンベに入ったプロパンガスをレンタルしているものですが、オプションとしてガスコンロなどのレンタルもしているところもありますので、野外の火周りはすべてプロパンガスのレンタルで賄えます。ところでプロパンガスボンベの重さですが、5kgから10kg位まで選べます。5kg位でしたら非力な女性でも何とか移動できるでしょう。

費用はどのくらいするのか

プロパンガスのレンタルにかかる費用はどのくらいなのかは、地域及び業者によって異なります。ここでは都会とその周辺で営業している業者を例にして費用を見てみたいと思います。まずプロパンガスボンベです。これは5kgでも10kgでもあまり変わりません。具体的なレンタル価格は、接続ホースがついたもので6千円前後と見てよいでしょう。ガスコンロのレンタル代は火力によって違ってきますが、火力が家庭用に近いもので3千円位、業務用に近くなりますと5、6千円します。また、プロパンガスボンベを配達してもらいますと、別途配達料がかかります。これは距離や曜日によって異なりますが、片道料金が普通の宅配料とほぼ同じと考えてよいでしょう。なお、プロパンガスボンベを車に積むときには、法律による制限がありますので業者に確認して下さい。